桜井の別れ いかなる命令であれ 勅定に意義を唱える つもりはない正成は 死を覚悟して出陣を決意。 長男正行に 帝から賜った短刀を与え、 今生の別れを告げました。