新政への不満を持つ 武士たちをまとめた尊氏は 武家政権の再興を図り挙兵します。 正成は尊氏との和睦を提案しますが受け入れられず 九州で勢いを盛り返す尊氏の大軍とまともに戦っても 勝ち目がないと「帝の比叡山臨幸策」を献策しますが 退けられ、不利な条件での決戦を命じられます。