鎌倉幕府滅亡後 京都に戻った後醍醐天皇は 公家中心の政治を行い 武士社会の慣習を 無視したため、武士たちの 不満が募っていきました。