父は楠正成。 河内の土豪だった正成は 後醍醐天皇に召され 以後忠誠を貫き通します。 「木の南に設えた王座に 案内される夢を見た 木に南と書くのは楠! 楠正成を呼べ!」