父の意志は息子たちへ さらにその子孫へと 受け継がれていきました。 南北朝動乱期に 父正成が息子たちに 本当に伝えたかったこと 息子たちが受け継いだものは 天皇への忠誠と共に 和睦により戦を避け 領土、領民の平和を守り 家族の幸せを願うこと だったのではないでしょうか?