四條畷の戦い 大軍との死闘を 展開するも 圧倒的な兵力の差で 正行一族は敗れ、 父正成と同様 正行、正時兄弟は 刺し違えて討死します。 大将高師直の首を 取ったと思いきや 影武者の上山六郎左衛門。 「情けは人の為ならず」 ※和田賢秀は噛み付いて  死ぬまで敵を睨み続けました。  賢秀の墓は「歯神さん」と  祀られています。正行、正時兄弟は 弓の名人須々木四郎の矢を たくさん受けて力尽きます。