楠軍勢力増大に、ついに 足利尊氏が楠正行討伐を決意。 正行は父正成と同様、 和睦や大軍を迎え撃つ 戦略を献言しますが 受け入れられず、死を覚悟の 出陣を決めます。