北朝は勢力を増す楠軍たちを恐れ 討伐軍を繰り出しますがいずれも敗退。 渡辺橋の合戦でも 楠軍は勝利しますが この時、正行は、父正成と同じように ケガ人や川で溺れた敵兵を助け 手厚く介抱して帰します。 その恩に報いていこうと決意した兵が 後日楠軍に加わっていきました。天下国家平和の戦い故 溺れる兵を 打ち負かす必要なし。