内侍との出会い とても世に ながらうべくも あらぬ身の 仮の契りを いかで結ばん 吉野朝廷に仕える 大変美しい女官「弁の内侍」を 見染めた北朝の高師直が 拉致を企てますが、吉野へ行く 途中に出くわした正行が助けます。 内侍は正行のことを密かに慕い 後に二人のことを知った 後村上天皇から 「内侍を正行の妻に」とのお言葉が ありましたが、死覚悟の戦いを 決意した身で妻を迎えるわけには いきませんと辞退します。