正成亡き後、後醍醐天皇崩御。 南朝第二の天皇として 後村上天皇が即位。 正行は弟たちと一緒に 南河内中心に勢力を盛り返し 南朝の支柱として 戦い続けます。