楠親子は観心寺の僧に師事。 四恩の教え※など一人の 人間として生きる全人格的な 人間教育を受けていました。 父亡き後も三兄弟は 文武の道に励みました。 ※親の恩、国王の恩、衆生の恩、三宝の恩  正成が敵味方問わず供養塔を  建てたのは四恩の教えの影響。